便秘外来

子どもの便秘とは

イラスト:便秘外来

通常、子どもは排便回数や便の形状も年齢によって異なります。そのため、子どもの便秘はご家庭で判断することの難しい病気であり、発見が遅れることも良くあります。お子さまの便秘症状を確認いただき、気になる症状が無いかを確認するようにしましょう。便秘の目安は以下となります。

□排便が週3 回以下
□排便の際に痛がって泣く、または硬い便を出したことがある
□トイレに詰まるくらい大きい便を出すことがあった
□下腹を触ると便の塊があるのを感じる
□少量の便が何度も漏れ出る

排便の回数については、目安であり一人一人の通常の便の回数は異なるため、通常よりも2〜3日長く排便が無い場合や、排便時の痛みを恐れてトイレを嫌がる場合など、日ごろの小さな行動にも注意が必要です。便秘になると、腹痛が続いたり、お腹が張って食欲がなくなったりすることもあります。

便秘の原因

乳児期以降の便秘の多くは、食事や生活習慣が原因であることが少なくありません。水分や食物繊維(野菜)の摂取量が少ないと便が硬くなりやすく、便秘になりやすくなります。
生活習慣では、排便の習慣が身についているかということが大切です。トイレットトレーニングで叱られたり、肛門が切れて痛みを伴ったりすると恐怖心から排便を嫌がるようになることもあります。他にも、遊びを中断するのが嫌だったり、排便を行うことが恥ずかしいなど、排便に対して誤った認識によって自主的に我慢をすることもあります。
無理に我慢をしていると、便が溜まってしまい、直腸が伸びてしまいます。直腸は便の出口に繋がる場所であり、伸びてしまうと便意を感じにくくなり、排便できたとしても次の排便のタイミングを体が感じにくくなってしまうため、再び便が溜まって便秘になるという悪循環に陥ってしまいます。

便秘の治療

基本的に、食事と排便習慣の改善のためのトイレットトレーニングに加え、便を柔らかくするお薬や腸の働きを整えるお薬を服用して治療していきます。他にも、浣腸を行って排便を促すこともあります。
赤ちゃんの場合は、綿棒を使って綿棒浣腸を行って排便を促す場合があります。綿棒浣腸は、綿棒にワセリンなどの潤滑剤を少量つけて、肛門の周りを刺激したり、綿棒の先を1~2㎜程度肛門に挿入して、排便を促します。肛門が刺激されると腸の動きが活発になって便がでることがあります。

便秘は保護者の方も気づくのが遅くなりやすく、慢性化した状態で見つかることが多いため、治療にも時間がかかります。お薬の服用は一旦便が出たからとすぐに服用をやめることなく、根気よく処方された量を飲むことが大切です。また、保護者の方にはお子さまの様子に注意をしていただき、トイレに行くことを嫌がることは無いか、我慢している様子が無いか、おむつの便の状態に血が混じるなどの異常が無いかを観察するようにしてください。
トイレットトレーニングの時に失敗をして叱られると、子どもは「トイレ=叱られる場所」と思いこんでしまい、排便を我慢するようになります。トイレットトレーニングは失敗しない場所ではなく、上達するための場所と捉えて叱らないようにしましょう。

便秘解消のためのお薬の処方はもちろん、食事や排便習慣、トイレットトレーニングのご相談も行っておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

スマートフォンサイト